一覧

パニック障害

「電車が怖いんです」。
流れ落ちる汗をハンカチで拭いながら、そう語った彼は、営業担当の会社員でした。日々電車に乗らないわけには行きません。それにもかかわらず、毎朝、電車に乗ることを考えただけで息苦しくなってしまうのでした。

大学を卒業するまでの彼は、スポーツマンで人懐っこく、誰が見ても自信に満ち溢れていました。
そんな彼の変化のきっかけは、些細なことでした。
その日は電車のトラブルにより、いつもより車内がひどく混雑していました。快速電車のため、次の停車駅まで数十分間、扉が開くことはありません。車内が蒸し暑かったこともあり、目の前の女性の息遣いが次第に苦痛に満ちたものへと変わっていく様を見ていました。
「苦しそうだけど、大丈夫かな」。
はじめはそう思っていました。
ところが、身動きの取れない状況の中で彼女の苦しそうな息遣いを聞いているうちに、先日上司に叱られたときの息苦しさがよみがえって来たのでした。

以来、彼は電車に乗ると息ができなくなる不安に怯え、各駅停車にしか乗れなくなりました。さらにひどいときは、一駅ずつ下車し、しばらくベンチで休むようになりました。出社どころではなくなってしまいました。

パニック障害

自信に満ち溢れているかのように見えていても、それがその人のすべてではありません。誰もが不安や恐怖を抱いているのです。
この男性は、閉じられた狭い空間の中での息苦しさから、パニック発作という症状が引き起こされました。
心理カウンセリングでは、閉じられた狭い空間や息苦しさにまつわる連想が語られて行きました。また、上司に叱られた体験からさまざまな過去の体験も想起されました。電車に乗るのが怖いという体験を通し、自信に満ちた自分でいることから、少しずつ肩の力を抜いて生きることを認める変化が訪れました。

2021年03月03日

会社に行くのが辛い

マキさんは最近転職をしました。数回目の転職です。だからこそ「これで最後にしたい」との強い思いで転職活動をしました。
やっと決まった 新しい会社での仕事内容は、今までの経験を生かせるものでした。だからこそ、内定がもらえたときは今までの自分を評価されたと嬉しく思いました。

しかし、私の元を訪れたときのマキさんは絶望の淵にいました。

あんなにいろいろ考えて職を選択したのに。
自分の専門性を嘱望されての入社だったのに。
なんで思うようにさせてくれないのか。

なんで?という自問の連続でした。

最近は、毎朝会社に行きたくない自分と戦わないと出勤できなくなっていました。




「会社に行くのが辛い」
という気持ちのふさぎを抱えてカウンセリングに来られる方は、とても多い印象があります。
「行きたくないって思うこと、あるよね」と、頷かれるのではないでしょうか

不適応状態(適応障害)

その環境にうまく適応できていない状態を、不適応状態と言います。
私たちはなぜ、不適応状態に陥るのでしょうか。

大別すると、他者(環境)の問題の場合と自分の問題の場合があります。

「人のせい」にするのはとても簡単です。自分のせいではないと思う時点で、ちょっとこころが楽だったりもします。他責にする人はカウンセリングにはいらっしゃいません。生きていることに苦しみを抱え、さらに、どうしたらいいのか考えようとされる方がカウンセリングの場にやって来られます。
かといって、自分が悪いことを証明するのがカウンセリングではありません。
精神分析は真の自分の発見を目指します。
どんな自分が不適応を起こすのか、それがどのような自分に由来しているのか、自分を縛ってきた行動や思考の根源はどこにあるのか。

「そういうことだったのか!」

自分で発見するからこそ、何事にもかえがたい経験になるのだと思います。

2021年03月06日

オンラインの日々による新入生の苦悩

「眠れないし、食欲もない。人とどうやって喋ればいいのかもわからなくなってしまった」

こう語ったのは、今年の4月に大学1年生になったナオヤさんです。
昨年1年間はコロナ禍で、大好きな野球の引退試合もなくなり悔しい思いをしながらの高校生活でした。そんな中ナオヤさんを支えたのは、
「大学に行ったらいろいろなことにチャレンジして、楽しい時間を過ごす!」
との強い思いでした。

高校生までのナオヤさんは、人間関係には自信がありました。明るく元気で、誰とでも仲良くなれる自分が好きでした。
だから親元を離れての新生活に何の不安もありませんでした。4月当初は大学も対面授業だったので、案の定すぐに友だちができました。
これからサークルに入ったりして交友関係も活動範囲も広げようと意気揚々としていた矢先です。緊急事態宣言が発令されたのでした。

ナオヤさんの生活はオンラインへと一変しました。
友だちと会うことが一切なくなり、自室にこもって授業を受けているうちに、今までどうやって会話をしていたのか思い出せなくなっていきました。さらに、今まで自信があると思っていたけれど、実は自分勝手に話していただけではないかと不安が募りました。




オンライン化は孤独を強めさせる要因になりました。特に新しい環境になったと同時にオンラインになった場合、環境に慣れたり人間関係の構築に支障を及ぼしました。
まずは、このような状況になると誰もが不安が増し孤独を感じることを共有しました。
その上で、この時期に自分の人生の意味や大学で学びたいことについて悩めるのはその後の人生のプラスになる、と思考の転換を行いこころの元気を取り戻しました。

2021年05月25日

2022年仕事はじめです

2022年が始まりました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

あっという間に仕事始めです。
ネットでは「やりたいこと100リスト」ということばが散見されます。
抱負は大切ですが、大きすぎると重たくなりますね。

「ほどほど」
「そこそこ」

そんな自分を認め、ゆるりとスタートしてみてはいかがですか。
意外にも、このこころの持ち用は悩みを解き放ち、自分を認められるようになる技なんです。

ぜひ、2022年は「ほどほどな自分」で!

2022年01月04日

音声配信を始めました

私はカウンセラーとして20年以上、このお仕事をしてきました。
延べ人数で年間約2000人以上の方とお会いしています。
そこで、私の経験をお伝えすることで、こころの問題に困っている方や、職場での人間関係に困っている方のお役に立てたらと思い音声配信を始めました。
各回、4分程度です。
あまり長いと聴くのも飽きてしまうので、4分くらいがちょうどいいかなと思っています。
レターでの質問機能やコメント欄もあるので、いろいろ質問やコメントを投げかけてください。

STAND.fm 
こころの専門家のお部屋
https://stand.fm/channels/61dd5b64299c4d5005c7efee

2022年02月15日

話しことばの癖について


話す行為は日々無意識に行っています。
無意識の働きは話しことばにもあらわれます。

「ちょっと」
「少し」

この言葉を使っていることがとても多くあります。
なぜこの言葉をいれるのか、こころの作用について話してみました。

https://stand.fm/episodes/620a20d23bb4eb0006285a5f


2022年02月19日

コロナとメンタル①


やっとオミクロンがピークアウトの兆しを見せ始めました。
コロナ禍になり、はじめて今月はコロナ感染によるキャンセルが相継ぎました。

皆様、いかがお過ごしですか?

コロナになりオンラインが普及し、メリット・デメリットがはっきりしてきました。
デメリットは新入生や新入社員など、新しい環境に馴染む前にオンラインになってしまった方への影響に大きく現れてきました。

その環境に長くいる方にとっても、画面オフになっている真っ黒な画面に向かっての発言はこころが疲弊します。

そんなお話を4分ほどしてみました。

https://stand.fm/episodes/620a23b030d9000007ba4388

2022年02月22日

「困っていることありますか?」から良いことばを引き出す方法


「困っていることありますか?」
「ありません」

会議であったり、すれ違いざまであったり。

この会話はよく行われていませんか?

「ありません」と答えたあとで、実は困っていることあったんだけどなと思うこともしばしばです。

ではなぜ、その場で聞けないのでしょうか。

背後にある心理的な意味や対応法について、約4分お話してみました。



https://stand.fm/episodes/621082def1be2c0006f559ed



2022年02月23日